年内に退職する人、確定申告で税金の還付申請してますか?

出産などで退職して、今年は会社の年末調整を受けない、という人も多いと思います。

実はこのケース、損をしている場合が非常に多いです!

なぜ損かと言うと、年末調整したらお金が戻ってくる(税金の還付)事が多いですよね?

確定申告をしないと、この還付が受けれないので税金を納め過ぎている事になります。

人によってはかなりの金額になる事もあるので、退職する予定の人は、確定申告の準備をしておきましょう。

スポンサードリンク

日本国民は全ての人に納税の義務がある

知っている人も多いと思いますが、税金の流れをおさらいしておきますね。

日本国民には3つの義務がありまして、いわゆる「勤労・教育・納税」と呼ばれるもので、日本に住んでいる以上は必ず税金を収めなければなりません。

この納税ですが、いつどこどこに行って納める、というような具体的な行動って何もされてないですよね?

会社員の納税は、従業員の代わりに会社が行うことになっています。これがいわゆる「源泉徴収」と呼ばれる物です。

給与所得者は源泉徴収されて、自動的に納税している

会社から給与をもらっている給与所得者は、給与をもらう時に所得税を引かれた金額で振り込まれています。この引かれた金額を、会社が代わりに税金として国に払っているんですね。

一人一人で納税に来られたら税務署がパンクしちゃうので、会社が従業員の納税額をまとめて、会社単位で一括で払ってください!というシステムです。

なので、会社員は意識しなくても自動的に納税の義務を果たしている、というわけですね。

毎月の源泉徴収は少し多めに取られている!

ここから、なぜ損をしているかの具体的な話に入っていきます。

毎月の給与から引かれる源泉徴収の金額は、実は少し多めに取られています。(年末調整の時にお金が戻ってくる事が多いのはこれが原因)

年内に退職をする人は会社が年末調整をしてくれないので、自分で確定申告をしないと、源泉徴収で多めに取られた分が取られっぱなしになる訳ですね。

こういった理由で、確定申告で税金計算して、還付の申請をしていないと損をする、という訳です。

1年間の所得金額が少ない場合は還付金額が増える

退職した後、すぐに再就職しない場合は、1年間の所得金額が少なくなります。

所得金額が少なくなるという事は、納税しなければいけない金額も減るわけです。

しかし、源泉徴収されている金額は、1年間しっかり働いた場合の金額に合わせて計算されて毎月引かれているので、年末調整の還付よりも多く帰ってくるケースも多いんですね。

1年間の所得金額が少ない場合でも確定申告は行うようにしましょう!

税金の還付は5年以内であれば申請できる

出産の為に退職する人に良くあるのですが、


退職と出産が重なって慌ただしくて確定申告できなかったんです…

という相談を聞きます。

実は税金の還付申請は5年以内であれば可能だったりします。

関連リンク:還付申告ができる期間と提出先

源泉徴収票や個人年金など、還付申請に必要な書類があれば申請できますので、必要書類をしっかり保存しておき、余裕ができた時に申請するようにしましょう!

還付申請ってどうすればいいの?

税金の還付申請を行うには確定申告を行う必要があります。

副収入などがなければ、会社からもらった源泉徴収票だけで収入の証明ができるので、簡単に還付申請を行うことができます。

・還付申請(確定申告)に必要な書類

  1. 源泉徴収票
  2. 国民年金保険納付額通知書
  3. 生命保険料控除証明書(あれば)
  4. その他控除関連書類(住宅ローン控除など)

これらの書類があれば確定申告書の作成ができます。

確定申告書の作成は難しそう…どうすればいいの?

確定申告書の作成って難しそうですが、還付申請をするだけなら意外と簡単です。

最近では、国税局のwebサイト上で数字を入力するだけで自動で作れたりするので、必要勝利が揃っているなら、web上で確定申告を作成しちゃいましょう。

・参考リンク:確定申告書等作成コーナー

よくわからない場合は税務署に相談しましょう

確定申告書等作成コーナーには、作成の流れや入力例など紹介されていますが、見てもよくわからない人も多いと思います。

そんな時は税務署に行って相談してみましょう。相談に行くことは何もおかしい事ではありませんし、無料で相談する事ができます。

税理士の先生が教えに来てくれている事もあるので、そういうタイミングを狙ってみるのも良いですね。

出産で退職する人は、出産手当金を要チェック

確定申告とは関係無いのですが、出産の為に退職を考えている人は、出産手当金制度をチェックしておきましょう!

出産育児一時金は病院から話があるので、もらい忘れはないと思いますが、出産手当金は退職日の出勤をうまく調整できれば退職後でももらう事ができます。

余裕を持った子育ての環境を整えるために、利用できるものはしっかり利用しちゃいましょう。

https://eastgate12.com/shusan-teate-taishokugo-20160205

まとめ

  • 毎月の源泉徴収(給与から天引き)の所得税は多めに取られている
  • 退職したら確定申告しないと年末調整で戻ってくる金額が払い損になる
  • 確定申告を忘れても、5年以内であれば遡って還付申請できる
  • 還付申請でつまずいたら、税務署で相談してみよう

以上です。退職時の年収によって、戻ってくる金額が違う(収入が多い人はそれだけ多く還付される)ので、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

地震保険料控除計算

地震保険料控除の計算方法は?確定申告が必要なの?

所得控除の種類が多すぎてよくわからない!のでまとめてみた

サラリーマンの所得税計算、誰でもわかるように教えます!

国民年金保険前納制度申込

年末調整の書き方、具体例をあげてわかりやすく紹介するよ!

国民年金保険前納制度申込

節約の為に家計簿はやはり重要!貯金を増やす家計簿を始めよう

毎月400円で将来の貯金を増やせる!国民年金付加保険料のススメ