銀行の振替機能、ちゃんと使っていますか?【先取り貯蓄】

毎月定額を貯金するために、貯金用の口座に先取り貯蓄を行っている人も多いと思います。

先取り貯蓄をして、今月の生活資金が余ったので貯金用の口座にお金を移す。この時に振込処理をしたり、わざわざATMが無料の時間に行って、入出金したりしていませんか?

意外と知られていない銀行預金口座の振替機能を紹介します。

※先取り貯蓄についてはこちら

毎月の給与、なかなか上がらなくてツライ思いしてませんか? 毎日仕事を頑張ってるのに、仕事だけがどんどん増えていって、給与は数千円しか上がら...

スポンサードリンク

同じ金融機関、同一名義の口座なら資金移動は無料

銀行のATMで使える預金口座の「振替」とはずばり、同じ金融機関・同一名義の口座Aと口座Bの間で資金移動する事を指します。(ゆうちょ銀行を除く)

自分の口座Aから口座Bに5万円うつしたい、というような時に用いる機能ですね。

口座間で資金移動をする時に、「振込」処理を使ってしまうと、いわゆる振込手数料がかかってしまうのですが、「振替」処理の場合は基本的に手数料無料でお金を移動できます。

生活資金用の口座と貯金用の口座でお金の行き来が多い人は、少しでも節約する為に、振替処理を意識しましょう。

振替処理する口座は同じ支店でないとダメなケースも

同じ金融機関の口座同士でも、口座を作った支店が違うと振替処理に手数料が発生してしまうケースがあります。

これは金融機関によって違いますので、各銀行の窓口やwebサイトで確認しておきましょう。

これから先取り貯蓄を始める人は、生活資金用の口座を作った同じ銀行・支店で貯金用の口座を作るのが便利ですね。

金融機関によってはオンライン口座でも振替ができる

利便性が高く、よく使われている銀行のインターネットオンライン預金口座ですが、ここでも「振替」が可能な金融機関があります。

わざわざ銀行ATMに行かなくても、家からいつでも無料で振替処理できるので、大変便利です。

ゆうちょ銀行の場合は、「振替」は別の意味を持つ

ややこしいのですが、郵便局が運営する郵便貯金からゆうちょ銀行になった事もあり、一般の金融機関で言う「振替」はちょっと意味が違います。

ゆうちょ銀行で言う「振替」はゆうちょ銀行内の口座間での資金移動です。同一本人かどうかは関係がないので、同じ言葉でも意味合いが違ってくるので、少し注意が必要ですね。

まとめ

  • 「振替」は同じ本人名義の口座間で無料で送金できる機能
  • オンライン口座でも使えるので、ちょっと資金移動したい時に便利
  • 支店が違うと手数料がかかるケースもあるので注意
  • ゆうちょ銀行の振替は、名義は関係ないので注意しよう

以上、銀行の振替処理について紹介しました。使ってなかった人はぜひ活用してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

出産手当金の申請の書き方から金額計算までわかりやすく紹介するよ

雑損控除申請計算

【記入例アリ】住宅借入金等特別控除の年末調整書類、どう書けばいいの!?

ナナコ節約

nanacoのポイントチャージにオススメのクレジットカードは?

生命保険料控除

高額な税金や公共料金の支払い、nanacoカードで節約しよう

自己アフィリやお小遣いサイト登録に必須なgmailの取得方法

国民年金保険前納制度申込

年末調整の書き方、具体例をあげてわかりやすく紹介するよ!