奥深い…うるう年で2月を1日増やす意味とは?

4年に一度やってくるうるう年。

「あー、そういえば今年は2月が1日多いんだっけ」ってなる奴ですね。

このうるう年、なぜわざわざ4年に一回1日増やすのかあなたは知っていますか?

「わざわざ1日増やす意味がわからん」という人も多いのではないでしょうか。

今回は、うるう年がなぜ必要なのか、どういう理由で生まれたのか、わかりやすく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

うるう年はなぜ1日増える?

みなさんご存知のとおりですが、うるう年は4年に一回、「2月の日数が1日増える年」の事を言います。

なんでわざわざ1日増やすんや?という事ですが、これには深ーい理由があるんですね。

説明する為には、1年間はなぜ365日なのか・・・という所からスタートしなければなりません。

 

そもそもなぜ1年は365日なのか?

そもそも1年間がなぜ365日になっているか知っていますか?

別に300日でも400日でもええやんけ!と思ったりしませんか?

思いませんね・・・僕は思ったことないです。ハイ。

 

365日の理由は地球の公転にある

1年間が365日になっている理由は、地球の公転にあります。小学校か中学校で習いましたよね。太陽を中心にして地球がぐるぐる回ってるってやつ。

ぐるぐる回っている間に地球は太陽から遠くなったり、近くなったりして、季節の変化がある訳です。

この公転で、太陽の周りをぐるっと1周して戻ってくるスピードが約365日かかります。1年間が365日に決まっているのは、この公転周期が理由なんですね。

 

うるう年はなぜ必要?

1年間が365日で公転周期で決まっているのはわかった。じゃあ、なんでうるう年があるの?という話になる訳ですが、実はこれも簡単です。

地球の公転周期が約365日というところがミソですね。

「約」です。「約」。aboutって奴ですね。

正確には「365.242 190 402日」だそうです。約365.25日で1周するという訳なんですね。

小数点以下のこの誤差をほったらかしにしておくと、どんどんズレていっちゃっうので、遠い将来に、

「なんや12月やのにメッチャ暑いやんけ!」

なんて事になってしまう訳です。

この誤差を調整するために生まれたのがうるう年、という訳なんですね。

 

うるう年がない時がある!

4年に1回、なぜうるう年が来るのかわかってもらえたと思います。

しかしこのうるう年、実は4年おきでも来ない時があるんです。

先ほど紹介した公転周期、「365.242 190 402日」。この端数部分がミソです。

端数部分はうるう年で完全に調整するには「365.250 000 000日」でなければいけません。

でも実際は、「365.242 190 402日」という周期で回っているので、うるう年で調整したとしても、本当にゆっくりとズレていってしまうんですね。

 

うるう年がスキップされる年は400年に3度

公転のズレを正すためにうるう年がスキップされるのは、なんと400年に3回。

2000年~2400年の間だと、「2100年」「2200年」「2300年」の3回がスキップされます。(2000年と2400年はうるう年です!)

基本的には100年おきにスキップされるのですが、400年に一度スキップされずうるう年になります。

なんか面白いですね。

 

うるう年の2月29日が誕生日の人はどうなるの?

めんどくさがりでも続く家計簿術「うるう年の2月29日が誕生日の人って誕生日どうなるん?4年に1回しかこないじゃんw」

こんな風に冗談ぽく喋った事ありませんか?

実際に年は取るんだから4年に一度な訳はないのですが、具体的にどうなるかは、素朴な疑問ですよね。

2月29日生まれの人は、うるう年でない年は2月28日が誕生日になるそうです。

これは「年齢計算ニ関スル法律」に定められていて、法的には28日の24時を持って年齢が一つ増えるそうです。(お祝いなんかは2月28日に行う場合が多いみたいですね)

 

まとめ

うるう年が1日増えるのは地球の公転周期が理由

うるう年は400年に3回スキップされる!

2月29日が誕生日の人は、例年は2月28日が誕生日となる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク
スポンサードリンク
家計の見直し、本格的に始めてみませんか?

家計見直し少しずつ景気が良くなった来たと言われているけれど、給与はなかなか上がらないし、生活は楽にならない…

今はいいけど、将来的にこのままでやっていけるのかな?

贅沢したい訳じゃないけど、何かあった時の為にもうちょっと余裕がほしい!

家計の見直しって、具体的にどうすればいいの?

家計の具体的な見直し方をチェック

 

関連記事

関連記事がありません。