政治に感心が無い若い人も絶対に選挙に行くべき理由とは

安倍さんから衆議院解散の発表がありましたね。

9月28日に解散して総選挙に踏み切るという事なので、これから選挙に向けて様々な選挙活動が見られるようになるでしょうね。


とりあえず、車走らせながらアピールするのは今すぐやめて?

良く車でスピーカーからアピールする人いますけど、あれは完全に逆効果だと思うんですけど、どうですかね?ちょっとアンケート取ってみたい(笑)

今回のお題はそんな選挙について。

この記事では小難しい事を言うつもりはサラサラなくて、若い人ほど絶対に選挙に行くべき理由、という視点で意見を述べたいと思います。

特に政治にあまり興味がない若年層に是非読んでいただきたいので、ほんのちょっとだけ!ちょっとだけ時間とって見てみてください!

スポンサードリンク

今の日本は高齢化社会

今の日本は高齢者が多い、というのは貴方もご存知だと思います。(2017年現在では65歳以上が4人に1人を超えている)

非常に高齢者が多いので、それが今の社会制度に深く関わっている、という事を覚えておく必要があります。

選挙を勝ち抜くには高齢者向けの政策が必要

日本では、選挙権は日本国籍を持つ18歳以上の人であれば誰でも持っています。当然、人数が多い高齢者も選挙権を持っている訳です。

日本は民主主義国家です。つまり、多数決で国を動かすわけです。選挙の結果も多数決で決まります。

  • 人数が多い高齢者
  • 人数の少ない若年層

どちらをターゲットにした政策を推せば、選挙に通りやすいか誰でもわかりますよね。

今の選挙は高齢者向けの政策がなければ勝てない状態になっていると覚えておきましょう。

実際に立候補者の心理を考えてみよう

余り堅苦しい事を言っても実感が湧きにくいと思うので、実際の候補者が持つ心理を考えてみましょう。

もし貴方が立候補者だったら、と想像してみてください。

候補者

候補者
地元を住みやすい街にしたい!子育てしやすい街を作るんや!
参謀

参謀
いいですね!でもその思いを形にするには選挙に通らないと…どうやりますか?
候補者

候補者
まずはマニフェスト(当選したらやる事)を作らないとな。有権者にアピールしないと。
参謀

参謀
具体的にどの年齢層にアピールするか考えて作った方が良さそうですよね
候補者

候補者
全員に受けるマニフェストなんて有り得ないからね。当然そうなるかな。
参謀

参謀
子育て支援を売りにする感じなら、若年層向けで考えるべきですよね
候補者

候補者
そうなるなあ。でも、高齢者も無視はできないぞ。なにせ人数が多い
参謀

参謀
そうですね…両者の心をくすぐるマニフェストじゃないと…

選挙を通る事を考えると、こういう心理になるのは当たり前と言えます。大前提と言っても良いですね。

どれだけ素晴らしい政策を訴えても、選挙で負けてしまえば全て絵に書いた餅になってしまうので、まず選挙に勝つ事を考えるのは当然と言えます。

候補者は年代別投票率をチェックする

候補者

候補者
待て待て。高齢者の人数が多いと言っても、実際に選挙で票を入れてくれる人がどのくらいいるかが大切だぞ
参謀

参謀
おっしゃる通りです。そこで総務省が調査した年代別の投票率の資料を準備しました
候補者

候補者
おー!有能だな!
参謀

参謀
参謀ですからね(キリッ 選挙に通った暁には…わかってますよね?
候補者

候補者
アッハイ、そうですよね…

出典:総務省webサイト

候補者

候補者
若年層の投票率低すぎないか、これ…
参謀

参謀
ですね…若い人は政治に感心がないと言いますが、さすがにこれは…
候補者

候補者
これ、若者向けの政策を推しても勝てなくない?
参謀

参謀
…厳しいと思います。選挙の事を考えると、高齢者向けの政策を厚めにして、若者向けの政策は本当に達成したい物だけに絞るべきかと。高齢者の反感を買いそうな政策は避けるべきですね
候補者

候補者
やっぱりそうなるか…しかし、低いなあ…

政治に関心がなくても選挙には行くべき

今の日本は超高齢化社会と言われるほど高齢者が多いです。

若年層の人数が少ない上に投票率が悪ければ、高齢者向けの政策が充実してもある意味仕方ないのかもしれません。


どうせ誰に入れても何も変わらないよ…

と言う人も多いと思いますが、若年層の投票率が上がらなければ、若年層向けの政策は一切増えません。むしろ減っていく事もありえます。

若年層が生きづらい世の中と言われていますが、そうしているのは若年層である私達自身かもしれません。

政治の事がわからない、誰に入れていいか判断出来ないという人は、最悪、無記名投票でも良いと思います。(それでも投票率は上がるので)

政治の事がわからなくても、まずは選挙に行く。

それが私たち若年層が住みやすい日本を作る、第一歩かもしれませんよ。

まとめ

今の日本は高齢化社会で4人に1人が高齢者

選挙で通るために高齢者向けの政策が推進される

  • 高齢者の人数が多く、投票率も高い
  • 若年層は人数が少なく、投票率が少ない
  • 高齢者に票を入れてもらえるようアピールしたほうが得

若年層向けの政策を増やすために若い人の投票率を上げよう!

以上です。政治に関心のない若者は是非、投票所に足を運んでほしいと思います。誰に入れるべきかわからなければ無記名でいいです。

自分たちが住みやすい社会を作るために、投票に行きましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク
スポンサードリンク
家計の見直し、本格的に始めてみませんか?

家計見直し少しずつ景気が良くなった来たと言われているけれど、給与はなかなか上がらないし、生活は楽にならない…

今はいいけど、将来的にこのままでやっていけるのかな?

贅沢したい訳じゃないけど、何かあった時の為にもうちょっと余裕がほしい!

家計の見直しって、具体的にどうすればいいの?

家計の具体的な見直し方をチェック

 

関連記事

金塊密輸仕組み罰則

金塊密輸が流行ってるのは罰則が甘いからじゃないの?

アフィリエイトはイメージが悪い?嫌われる理由を考えてみる

ふるさと納税

ふるさと納税、返礼品に規制の流れ?高額な返礼品は無くなるかも・・・

独身税が話題なので、未婚率が上昇している原因を考えてみる

やりたい仕事見つからない

やりたい仕事が見つからないなら、どんな人になりたいかを考えよう!