本当に役立つオススメの実用書・ビジネス書の選び方!

おすすめビジネス書実用書選び方

あなたは実用書やビジネス書など、自分にとって役立ちそうな本を良く読みますか?

現代人は本を読まない!と言われていて、読書離れが進んでいると言われる時代ですが、休みの日にたまには読書でもしてみようかな…という人も多いと思います。

仕事に役立てる為に、実用書やビジネス書を読む人も多いですが、本当に役立つ本を選ぶのってけっこう難しいですよね。


人気のビジネス書読んでみたけど、よくわからなくてあまり役に立たないなあ

という経験、貴方にもあるんじゃないでしょうか。

こういう経験を繰り返すと、せっかく本を読んで勉強しようという気になっても、


人気になってる本を読んでみても、あまり役に立たないこと多いし…お金もったいないよね

となってしまう事も多いです。

なぜこうなってしまうかと言うと、自分に役立つ実用書やビジネス書の選び方を知らない人が多いんですね。本を選ぶ時によくあるのが、

  • 世間で騒がれて人気になっている
  • 偉い人や先輩に勧められた

こういう理由で選んでいる人が非常に多いです。

しっかり調べて、自分に合いそうかチェックして本選びをしている人は意外と少ないように感じます。

この記事では、本当に役立つ本の選び方とその理由を紹介したいと思います。この本買って失敗したなあ、という経験が多い人は是非読んでみてくださいね。

 

スポンサードリンク

人気の本が自分に役立つとは限らない

おすすめビジネス書実用書選び方本屋に行くと、「話題の書籍!」みたいなPOPがついてるコーナーがあって、人気の実用書やビジネス書なんかがズラッと平積みされてますよね。

平積みされているのは人気があって売れている本なので、面白そう!役立ちそう!という気がするのですが、自分にとって本当に役立つかと言うと、実はそうでもない事が多いんですよね。


平積みされててちょっと気になったから買ってみたけど、なんかあんまりだな…

こんな経験、貴方にもあるんじゃないでしょうか。

世間で役立つビジネス書として評判になっているのになぜ!?と思いますが、これにはちゃんと理由があります。

この理由を理解しておくと、自分に役立つ本選びをできるようになるので、ぜひ知っておいてください。

 

役に立つか立たないかは、自分の知識量で決まる

実用書やビジネス書が自分の役に立つか立たないか。それは自分の持っている知識量によって決まります。

ん、どういう事?と思われるかもしれませんが、わかりやすい例を挙げると、

中学生が、すごくわかりやすいと評判の高校生向けの参考書を読む

というような感じですね。(ちょっと極端ですが)

いくらわかりやすく書かれている人気の参考書であっても、知識量が足りていない中学生が読んだら、チンプンカンプンですよね。

下地になる知識がまだ無いので、参考書を読んでもなかなか身につかず、


この本、めっちゃ参考になるって評判なのに、全然頭に入ってこないやん

なんて事になってしまう訳です。

これは実用書やビジネス書でも同じで、自分の知識や経験が備わっていないと、読んでも役に立たないんですね。

本を選ぶ時は、下地となる知識や経験があるか考えてから選ぶようにすると、失敗しにくくなりますよ。

 

知ってる事50%、知らない事50%の比率が最適


なるほど。下地になる知識や経験が大切なのはわかった。じゃあ、具体的にどうやって役に立つ本を選ぶの?

という疑問を持たれる人も多いと思います。

人間は本を読んで新しい知識を得るのに一番理解しやすいのは、知っている内容が50%、知らない内容が50%の比率が最適と言われています。

自分がすでに知っている内容が載っている本は無駄だと考えてしまう人が非常に多いのですが、これは誤りです。

知っている内容が載っていた方が、知らない内容を知った時の理解度が深まることがわかっていて、一番最適な比率が50%:50%と言われているので、本を選ぶ際に気をつけてみましょう。

 

・50%:50%の比率で書かれた本の選び方


50%:50%の比率で書かれた本ってどうやって見つけるんですか?

本には必ず目次があるので、そこをチェックしましょう。
目次を見てなんとなく内容が想像できるのが50%、これはちょっと知らない内容だな、と感じるのが50%、という感じで判断すると良いですね。

なるほど!本選びで他に気をつけておくポイントとかありますか?

最近の本はわかりやすいように親切に書かれている物がほとんどです。特に実用書やビジネス書は顕著ですね。
パラパラ読みで、太字の部分や線でマーカーされた所などを簡単にチェックしてみましょう。
パラパラ読みでなんとなく内容の想像がつけば、自分の知識量に合っていて、役に立つ可能性が高いですよ。

なるほど…そうやって選ぶといいんですね。参考にします。

これまで読む本を直感で選んでいた人はぜひ試してみてください。この選び方を続けていると、精度も上がってくるので、自然と自分に役立つ本を選べるようになりますよ。

 

何度も出てくる内容は重要な知識だと考えよう

おすすめビジネス書実用書選び方色んな本を読んでいると、以前に読んだ本と内容がかぶる事ってけっこうありますよね。(自己啓発本とかに多い)


この内容、前にも別の本で読んだな…この本買ったの失敗だったかな?

というように考えてしまう事ありますよね。

確かに新しい知識を身につける、という点で考えると無意味に感じてしまうのですが、以前に別の本で読んだ内容が出てくるのは、それだけ当てはまる事例が多いという事なのです。

例を挙げると、偉人の成功本なんかがわかりやすいので紹介しますね。

 

偉人の成功談は役立たず。失敗談は超役に立つ

過去の偉人の成功本なんかをよく読む人はわかってもらえると思うのですが、過去に大きなことをやった人って、成功した理由がみんな違うのです。

  • 元々お金持ちで、その資産を上手に使って成功した人
  • たまたま知り合った人と一緒に頑張って成功した
  • 何かを始めた時に、たまたま時代に合っていて成功した人

偉人の成功した理由って、生まれた環境だったり、出会いだったり、タイミングだったり、その人しか持っていない要因があるので、成功した理由を知っても役立たない(再現性が低いんですね。

一方、成功した人が失敗した体験は、実はみんな同じような理由で失敗しています。

  • 取り組むべき時に全力で取り組めなかった
  • 周りにいた人に影響されて無駄な時間を使ってしまった
  • アイデアを形にする為のお金が無かった

成功者の失敗の理由は多々ありますが、程度の差はあっても誰にでも起きる当たり前の理由で失敗しているんです。つまり、失敗する原因は再現性が高いんです。


なるほど、色々な本で同じような内容が何度も出てくるという事は、再現性が高いから、注意すれば失敗を回避できるという事なのか

こう考えると、同じような内容が出てきても、自分にとって無駄ではないと理解してもらえたんじゃないかと思います。


この本、前に読んだ内容とちょっとかぶってそうだからやめとこうかな…

というような本の選び方をしていると、もしかしたら役立つ本を見逃しているかもしれませんよ。

本屋に行った時は、前項で紹介した50%:50%の比率と合わせて本選びに役立ててもらえればと思います。

 

まとめ

人気の本が自分に役立つとは限らないので注意

役に立つかは自分の知識や経験に左右される

役立つ実用書やビジネス書の具体的な選び方

  • 知ってる事50%:知らないこと50%の比率が理解しやすい
  • 目次を見て今の自分に役立つかチェックしよう
  • パラパラ読みで太字を追いかけるのも役立つ本選びに効果アリ
  • 以前読んだ本と少し内容がかぶっていてもOK(再現性が高い事を理解しよう)

自分に合った本がなかなか見つからないんだよね、という人は、この選び方を実践してみてほしいと思います。

以上です、この記事が貴方の参考になれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク
スポンサードリンク
家計の見直し、本格的に始めてみませんか?

家計見直し少しずつ景気が良くなった来たと言われているけれど、給与はなかなか上がらないし、生活は楽にならない…

今はいいけど、将来的にこのままでやっていけるのかな?

贅沢したい訳じゃないけど、何かあった時の為にもうちょっと余裕がほしい!

家計の見直しって、具体的にどうすればいいの?

家計の具体的な見直し方をチェック

 

関連記事

先延ばしをする原因は、ヒトの脳の仕組みにあった!

ネガティブ思考改善

夜が不安で眠れない・落ち着かない人に試してほしい6つの改善法

仕事に飽きやすい人、必見!飽き性を予防する心理学

先延ばしやめる

先延ばし癖を治して即行動!すぐやる人になれる7つのポイントとは

新しい事を始める時に現れる時間泥棒を防ぐたった一つの方法

無料マネーセミナーってなんか怪しい…どういう仕組みなの?