年末調整の書き方、具体例をあげてわかりやすく紹介するよ!

年末の風物詩とも言える年末調整。会社から書類をもらっても、


毎年やってるけど、年1回しかやらないから書き方よくわからないんだよね~

という人も多いんじゃないでしょうか。

小さな会社だと、担当者が細かい所まで把握してないケースがあったりして、ちゃんと処理されていない場合もある、なんて話を聞いたりもします。

年末調整で申請漏れがあったりすると、納税額が増えてしまう事もあるので、やはり年末調整は重要です。正しい書き方と間違えやすいポイントを抑えておきましょう。

スポンサードリンク

年末調整の具体的な書き方

それでは年末調整の具体的な書き方を紹介します。年末調整は2つの書類があります。

・扶養控除等(異動)申告書
・保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書

この2つに必要事項を記載して、12月の給与計算に反映してもらう事になります。

扶養控除等(異動)申告書の書き方

年末調整書き方出典:http://blog.goo.ne.jp/asadakentiku/e/a1d50ad761ffcc5dc7fee8633bd19914

この書類は扶養控除の現状を申告する為の書類です。

扶養親族や寡婦、障害者控除などの要件に当てはまる人は、この書類で税金を減らす申請をする事になります。申請漏れがあった場合、税額が増えてしまうので要注意です。

間違えやすいのは特定扶養親族の所です。当てはまる場合は「○」を入れ忘れないように注意しましょう。

特定扶養親族とは?

控除対象扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が19歳以上23歳未満の人をいいます。(この申請が漏れると、税金を多く支払う事になってしまいます)

 

保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書の書き方

年末調整書き方
出典:http://blog.goo.ne.jp/asadakentiku/e/a1d50ad761ffcc5dc7fee8633bd19914

この書類は「生命保険料控除」「地震保険料」「配偶者控除」の申請に使われます。

生命保険などに入っている場合は、保険会社から「保険料納付証明書」という物が11月くらいに送られてきます。

この納付証明書に記載されている金額を転記して、金額を計算します。

旧契約と新契約で計算や控除上限額が異なる

生命保険料の控除については、平成22年に法律が変わった影響で計算方法が異なっています。

特に旧契約と新契約、両方の契約がある人は間違えやすいので要注意です。国税庁から発表される「年末調整の手引」を見れば記載してあるので、計算がわからない人はチェックしてみましょう。

※当サイトでも別記事で詳しく計算方法を紹介しています。

年末調整で申請する生命保険料控除。計算式が複数あったり、旧契約と新契約と2種類あったり計算がややこしいですよね。 ここではそんなややこしい...

住宅ローン控除も2年目からは年末調整できる

住宅を購入した際のローン控除も2年目からは年末調整できます。

1年目は確定申告が必要です。住宅ローン控除は税額控除と言われる控除で、税金が非常に安くなるので、申告忘れが無いように注意しましょう。

住宅ローン控除の年末調整のやり方はまた別の記事で紹介しています。

雑損控除申請計算
非常に節税効果の高い住宅借入金等特別控除。 家を買う時にローンを組んだ場合、所得税が減らす事ができる制度で、10年間で200万円~300万...

わからない時は会社の担当者に相談しよう

年末調整の書き方を紹介してきましたが、とにかくわからない場合は会社の担当者に相談しましょう。話を聞くことは恥でもなんでもありません。

自分でわかる所だけ記載して、担当者に相談して書類を完成させれば基本的に問題ないと思いますので、一度気楽に相談してみましょう。

もし会社の担当者が頼りなければ、国税庁のサイトを確認するのも一つの手です。

年末調整に関しての質問がよくあるのは国税庁もわかっているので、年末調整の特設ページが毎年作られています。確認したいことがある場合は、国税庁のwebサイトをチェックしてみましょう。(申告書類のダウンロードもできます)

・参考リンク:国税庁webサイト

まとめ

  • 申請する書類は2種類(住宅ローンがある人は3種類)
  • 特定扶養親族の申請が漏れやすいので注意しよう
  • 生命保険の控除がある人は、旧契約・新契約の区分に注意しよう
  • 住宅ローン控除の申請は2年目から(1年目は確定申告しないとだよ)
  • わからない時は担当者に確認しよう!

以上、年末調整の書き方のポイントについて紹介しました。参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク
スポンサードリンク
家計の見直し、本格的に始めてみませんか?

家計見直し少しずつ景気が良くなった来たと言われているけれど、給与はなかなか上がらないし、生活は楽にならない…

今はいいけど、将来的にこのままでやっていけるのかな?

贅沢したい訳じゃないけど、何かあった時の為にもうちょっと余裕がほしい!

家計の見直しって、具体的にどうすればいいの?

家計の具体的な見直し方をチェック

 

関連記事

基礎控除って具体的に何の事?38万円と33万円の違いは?

アフィリエイトはイメージが悪い?嫌われる理由を考えてみる

面倒な確定申告。そもそもなぜ確定申告しないといけないの?

睡眠質高める

寡婦控除とはどんな控除?制度や要件、申請方法を解説するよ

地震保険料控除計算

地震保険料控除の計算方法は?確定申告が必要なの?

自己アフィリエイト節約

自己アフィリエイトで節約!具体的なやり方をわかりやすく紹介します