年末調整は面倒だけど、ちゃんとミス無く書かないと損するよ!

年末調整面倒損する

今年も年末の風物詩、年末調整の時期が近づいてきました。

あの緑色の書類を見て、うわっ!ってなってる人も多いんじゃないでしょうか。


いっつも思うけど、年末調整面倒…そもそもなんで年末調整しないといけないの?

と貴方も思っているかもしれません。

しかし年末調整をしっかり行うのは非常に大切です。

と言うのも、年末調整の書類をきっちり書いて申請しないと、無駄に税金を取られてしまうのです。

せっかく年末調整について調べようとしているのですから、これを機会に年末調整の仕組みを理解しておきましょう。

※仕組みとかはどうでもいいからとりあえず書き方教えてくれ!という人は、年末調整の具体的な書き方を別記事で記入例つきで紹介しているので、そちらをチェックしてみてくださいね。

年末の風物詩とも言える年末調整。会社から書類をもらっても、 という人も多いんじゃないでしょうか。 一見すると、わかりにくくて...

※関連記事

⇛年末調整の仕組みや具体的な書き方など関連情報まとめ

⇛知っておくと得する税金・一時金の情報まとめ

税金で戻ってくるお金、一時金で貰えるお金を知っておきたい人はぜひ。

スポンサードリンク

年末調整の役目は2つ。所得控除の申請と所得税の精算。

年末調整面倒損する年末調整をする目的は大きく2つあります。

  1. 所得控除(税金を安くしてもらう)の申請
  2. 1年間の所得税を確定させて精算

この2つが面倒な年末調整をしなければならない理由です。

 

1:所得控除の申請

年末調整の大きな目的の一つは所得控除の申請です。

所得控除とは、簡単に言うと税金を安くしてもらう事。

あの緑色の書類で、所得税を減らしてもらう申請をしている訳です。


養ってる家族がこれだけいるから税金安くして~

食べ盛りの子供がいるから税金安くして~

将来に備えて保険に入ってるから税金安くして~

こういった申請を年末調整で行っている訳です。

この税金を安くする申請が反映されて12月分の給与が支払われるので、年末調整をすると税金が返ってくるんですね。

 

2:所得税を精算して過不足を調整する

年末調整面倒損する年末調整の目的の2つ目は、これまで給与から天引きされてきた所得税の額と、実際の1年間の所得税額との差額を精算する為です。

今年の所得税の金額は、12月の給与が支払われる段階で初めて確定します。

 

毎月の給与から引かれている所得税はザックリ計算の金額なので、

  • 毎月の天引きされる所得税額×12か月分
  • 確定した今年の所得税額

この2つの金額は当然違う訳です。

この差を調整するのが年末調整の目的です。

 

年末調整による精算の具体例

実際に年末調整でどんな感じで精算されるのか、具体例で把握しておきましょう。

 

・毎月の給与からの天引き額が10,000円の場合

10,000円×11ヶ月=110,000円

確定した今年の所得税額が100,000円だったとしたら、

110,000円―100,000円=10,000円

で、10,000円が戻ってくる訳ですね。

 

※余談ですがこの精算処理、ややこしい事に2パターンあるので注意しましょう。

①12月分の所得税を天引きせず年末調整で精算
天引き額:10,000円×11ヶ月=110,000
所得税確定額:100,000円
年末調整精算の欄で10,000円の返金

②12月分の所得税を天引きしてから年末調整で精算
天引き額:10,000円×12ヶ月=120,000
所得税確定額:100,000円
年末調整精算の欄で20,000円の返金

所得税の過不足精算について理解できたでしょうか。

会社ごとで処理方法が違うので、12月の給与明細を確認した時にどうなっているか確認しておきましょう。

 

年末調整をきちんとやらないと損をする

年末調整面倒損する


年末調整やるの面倒だし、もう適当に名前とわかるとこだけ書いて提出しようかな…

もしかしたら貴方もそんな風に考えているかもしれません。

実は年末調整で、名前とわかる所だけ書いて申請しても、特に問題はありません。

と言うのも、先ほど紹介したように、年末調整で書く内容は税金を安くしてもらう為の申請な訳です。

つまり、

わからないから書かずに申請する=払い過ぎた税金を返してもらわなくてもいいよ

と言う事なのです。

 

申請した本人が損をするだけなので、別に問題は起きないと言う事ですね。

でも、問題が無くても税金を無駄に払いたくはないですよね?単純に損ですから。

年末調整の書類を書く時に間違えて、税金を無駄に払わないよう、これを機会に年末調整の勉強をしておきましょう。

別記事で紹介している具体的な書き方を見ながら進めれば、問題なく書けますので!

⇒【具体例アリ】年末調整書類の書き方 2018年版

 

退職した人は年末調整できないので確定申告を!

年末調整は税金を計算する物だと言うのは理解してもらえたんじゃないかと思います。

ここで注意してほしいのが、年内で会社をやめて再就職しなかった人です。

会社を退職した人はその年のうちに再就職しなければ年末調整ができませんよね。

年末調整ができない=払い過ぎた税金が戻ってこない、と言う事。

実はこれは馬鹿にできない金額で、人によっては数万円損をする事もあるのです。

年内に再就職をしない人は、確定申告を忘れないように意識しておきましょう!

※関連記事

こんにちは、元総務マンの管理人アキ(@aki_trivianote)です。 出産などで退職したから今年は会社の年末調整を受けない、というそ...

 

まとめ

年末調整には2つの役割がある

  • 所得控除の申請
  • 所得税を精算して過不足を調整する

年末調整はきちんとやらないと損をする

  • 申請を間違えると税金が安くならない

退職して年末調整しなかった人は確定申告しないと損をする

参考になったでしょうか。

覚えてしまえば年末調整は難しくないので、一度しっかり勉強しておきましょう!

 

※関連記事

⇛年末調整の仕組みや具体的な書き方など関連情報まとめ

⇛知っておくと得する税金・一時金の情報まとめ

税金で戻ってくるお金、一時金で貰えるお金を知っておきたい人はぜひ。

 

参考リンク

・国税庁 年末調整特集ページ
http://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index.htm

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

読書とフットサルが好きなファイナンシャルプランナー。
お金の将来不安を解消する具体的な方法、読書で得たシェアしたい知識などをブログで紹介しています。
⇛お金の将来不安解消する具体的な方法はこちら

スポンサードリンク
スポンサードリンク
当サイト人気記事
将来不安解消講座
結婚や出産、家のローン、親の介護… 長い人生の中で様々なライフイベントがありますが、これらと切っても切れない関係にあるのが「お金」です。 ...
先日ニュースになりましたが、今や副業・兼業している人は日本で744万人にものぼるそうです。 最近では、サラリーマンをやっていてもなかなか給...
最近になって、無料でお金の知識が学べるマネーセミナーが多く開催されるようになっています。 中には交通費を支給してもらえたり、スイーツを食べ...
スポンサードリンク

関連記事

無料マネーセミナーってなんか怪しい…どういう仕組みなの?

ナナコ節約

nanacoで年間3万円節約!クレジットカードチャージを上手に使おう

面倒な確定申告。そもそもなぜ確定申告しないといけないの?

nanacoカードとQUOカードの組合せでコンビニ節約がさらに加速する!

配偶者特別控除

配偶者特別控除って何?配偶者控除とは違うの?

貯金増えない知っておくべき心理学

貯金が増えない?無駄遣いを減らして貯金を増やす為の心理学