家計簿が続かない?袋分け家計簿ならお手軽簡単に管理できるよ!

家計を管理するには、家計簿をつけてしっかり管理するのが当たり前!というような意見もありますが、


家計簿つけてみたけど、結局面倒になって続かないんだよなあ・・・

という経験、ありませんか?

ここではそんな貴方の為に、生活費を封筒で分ける、お手軽簡単な家計管理方法を紹介したいと思います。

「封筒貯金」や「袋分け貯金」なんて呼び方をする事もあるそうですが、非常にお手軽な方法なので、家計簿が苦手な人も是非チャレンジしてみましょう!

スポンサードリンク

生活費を封筒で分けて管理する「袋分け家計簿」とは?

家計簿続かない「袋分け家計簿」とは簡単な話で、月のはじめに用途に応じて袋にお金を分けておく事です。例えば、「食費」と書いた封筒に4万円、「交際費」と書いた封筒に1万円、といった具合ですね。

家計簿の項目ごとに袋を作って、その中にお金を入れる感じですね。

袋に入れた金額をオーバーしないように使うことで、レシートを家計簿に移すという面倒な作業をしなくても管理できる、という訳です。

お金を管理する袋は何でもいいです。100均で買ってもいいですし、銀行に行った時にもらえる封筒を使ってもOKです。

最近では「袋分け家計簿セット」なる物も売られたりしているので、わかりやすい物が欲しい人は買っちゃってもいいかもですね。

 

項目はどのくらい作ればいいの?

袋分け家計簿で分ける項目ですが、多く分けすぎると管理が大変になってしまいます。

傾向を掴める必要最低限の範囲で項目を設定しましょう。

・オススメの項目分け

  • 食費
  • 日用雑貨費
  • 被服費(クリーニング代など)
  • 交際費(飲み会代など)
  • その他

このくらいですね。5項目くらいにしておくと管理しやすいです。

固定費は毎月同じくらいの金額が出ていくので、一度チェックすればOK。わざわざ袋分けする必要はありません。

その他の出費が意外と多かったりしたら、翌月以降に項目を分けても良いと思います。自分の管理しやすいように、臨機応変に対応しましょう。

レシートは捨てるのではなく、各袋に入れておこう

家計簿買い物の度にもらうレシートですが、袋分けで家計簿自体はつけてないから、レシートはいらないや、ポイー!とやってはいけません。

なかなか上手くいかないもので、なんとか予算内に収めようと思っても、月末を迎えると袋の中がスッカラカンで予算オーバーしている、というケースもあります。

その時は、一ヶ月何に使ったかレシートを見なおしましょう。無駄な出費が無かったか確かめて、翌月以降の無駄な出費を減らして節約につなげましょう。

袋分けして余ったお金はしっかり貯金に回そう

袋分けして余ったお金はしっかり貯金に回しましょう。

翌月に繰り越してしまうと、一ヶ月に使えるお金が増えてしまいます。

人は贅沢な生活を覚えると生活レベルを落とせない、とよく言いますよね。

使える金額が増えてしまうと余裕ができるので、どうしても無駄な出費が増えてしまいがちです。そうすると、無駄な出費に身体が慣れてしまうので、翌月以降も「まあいいか」と考えてしまい、無駄な出費をしてしまうのが人間の性。

なので、余った金額は翌月に繰り越さず、しっかり貯金に回すようにするのが、貯金を増やすためのコツです。

1ヶ月たったら差額をチェックしよう

袋分け家計簿をはじめて1ヶ月が経過したら、項目ごとに月初と月末の差額をチェックしましょう。1ヶ月経つと、


意外と食費かかってるなあ。娯楽費は思ったほど使ってないかも

私はちょっと被服費がかかってる。奮発したとか、そんな感じではないんだけど・・・ここは節約ポイントかな

というように改善点が見えてきます。

袋分け家計簿は、1ヶ月に1回差額をチェックするだけで傾向が掴めるので、家計簿が苦手な人も是非はじめてみてくださいね!

1ヶ月だけ家計簿を頑張ってみよう!

袋分け家計簿家計を見直して貯金を増やすためには、やはり1ヶ月は頑張って家計簿をつけなくてはいけません。

というのも、一度だけでも家計簿をつけないと、袋にいくらお金を入れるべきかがはっきりしないのです。

食費4万円に設定してるけど、本当に合ってるのかな・・・?外食費を2万円に設定してるけど、これは多いんじゃないかな・・・?とか。

こういった事をはっきりさせる為に家計簿をつけますので、1ヶ月だけは家計簿を頑張ってみましょう。改善点が見えてきてちょっと楽しくなりますよ。

大変なのは最初の1ヶ月だけなので、しんどいのは今だけ・・・!と思って乗り切っていきましょう!

少しでもゆとりのある生活をする為に、家計簿管理を始めよう! と意気込んでみたものの、面倒になってついつい後回しに・・・結局、三日坊主になっ...

まとめ

  • 家計簿をつけなくても、袋分けでお金を管理する事で出費がわかる
  • 袋分けは5項目(食費、雑貨費、被服費、娯楽費、その他)程度で管理しよう
  • レシートは捨てずに袋に入れておこう
  • 月初と月末の差額をチェックして、改善点を見つけ出そう!
  • 余ったお金はしっかり貯金に回そう

本当にお手軽で簡単に家計管理できるので、なんとなくでやってきた人も一度試してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

関連記事

生命保険料控除

高額な税金や公共料金の支払い、nanacoカードで節約しよう

所得控除の種類が多すぎてよくわからない!のでまとめてみた

寡婦控除

寡婦控除とはどんな控除?制度や要件、申請方法を解説するよ

国民年金保険前納制度申込

国民年金のおトクな前納制度で賢く節約!申込方法を紹介するよ

単身赴任の移動費用、特定支出控除で節約できるかも?

雑損控除申請計算

リボ払いはとんでもなく損!?でも仕組みを理解すれば怖くないかも