高額になりがちな住民税はクレジットカードやnanacoで支払うべし!

会社員の人は毎月給料から自動で差し引かれている住民税。毎月にならされているので意識していないかもしれませんが、住民税は年間の支払額を考えるとなかなか高額です。

転職のタイミングで給与からの天引きが出来なくなり、自宅に住民税の納付通知が来て金額にびっくりした、というような話も聞きます。

住民税は日本に住所がある以上、必ず支払わなければいけない物ですが、少しでも節税できるよう納付時に工夫をしてみましょう!

スポンサードリンク

住民税はクレジットカードでも支払えるケースも多い

昔は銀行の口座振替か現金払いしか対応していない自治体がほとんどでしたが、最近ではクレジットカード払いに対応している自治体もかなり増えています。

クレジットカード払いに対応しているかどうかは送られてくる納付書に記載がありますので、納付方法を確認してみましょう。

全ての自治体で使えるわけではありませんが、Yahoo公金支払いというサービスを利用するケースが多いです。

クレジットカード払いするメリットは?

クレジットカード払いするメリットはもちろんポイント還元の為ですね。

ポイント還元2%と、高還元率で有名なリクルートカードプラスを使えば、住民税が10万円だったとすると2%で2,000円分のポイントが還元される訳です。ちょっと外食に行けるくらいの金額ですね。

高額な支払だからこそポイント還元も大きくなるので、クレジットカード払いは積極的に利用したいところ。

わざわざコンビニや銀行などに納付書をもっていかなくても、24時間いつでも納付できるのもメリットと言えます。

クレジットカードで住民税を支払えるYahoo公金支払い

Yahoo公金支払いとは、地方公共団体の税金や各種料金をインターネット上で支払えるサービス。

住民税だけでなく、自動車税や固定資産税、国民健康保険料などの支払いも可能です。

クレジットカードだけでなく、Tポイントの利用も可能ですので、上手に使いたいですね。

・参考リンク:Yahoo公金支払いの詳細はこちら

Yahoo公金支払いの利用方法

まずは自分の住んでいる自治体がクレジットカード払いに対応しているかを確認しましょう。

対応していれば納付通知書、クレジットカードを準備して、指示に従って処理を進めていけばOKです。

最後に納付金額や支払方法の確認が出ますので、間違いがないかチェックして問題がなければ「支払う」をクリックすれば処理が完了します。

公金支払いの利用にはYahooのIDが必要になる

支払いにはYahooのIDがあった方が良いので、IDがない人はYahoo IDを準備しておきましょう。

支払いそのものはYahooのIDが無くても可能なのですが、IDが無ければ支払い完了メールが送られてきません。

YahooのIDがを利用しなければ支払い履歴が、クレジットの明細以外何も残らないことになるので注意が必要です。

クレジットカード払いでのデメリット

ポイント還元が期待できるクレジットカード払いですが、いくつかデメリットがあります。

1:決済手数料がかかる

自治体によりますが、決済手数料がかかる場合があります。また、金額も自治体によってバラバラなので納付処理の時に手数料を確認しておきましょう。

2:ボーナス払いには対応していない

分割払いやリボ払いは可能ですが、ボーナス払いには対応していません。金額が大きいのでボーナスの時に・・・という人は注意しましょう。

3:領収書が発行されない

基本的に領収書が発行されない(クレジットの明細は残る)ので、領収書を残したい場合は別の支払方法を選択する必要があります。

 

これらのデメリットが手間だな、面倒だな、と思う人はnanacoカードを利用した支払い方法がオススメです。

クレジットチャージ→nanaco→住民税支払、の流れでクレジットチャージでのポイントがゲットできちゃいます。

ナナコ節約
街中で多く見かけるコンビニ、セブン-イレブン。セブン-イレブンが発行しているコンビニカードnanacoを利用中の方も多いと思います。 na...

ふるさと納税で、住民税の控除も検討してみよう

ふるさと納税住民税の支払額が多い人は、住民税の控除ができるふるさと納税で、お得に節税する事も検討してみましょう。

2000円の自己負担で様々な特産品や、電子マネーとして使えるポイントなどがもらえる自治体もあり、ふるさと納税は節税効果が高い制度です。

最近よく耳にする「ふるさと納税」という制度、貴方はご存知ですか? というイメージで、気になっているけど利用してない、という人も多い...

ふるさと納税すると確定申告しないといけないのが面倒だなあ、と感じる人もいるかと思いますが、実は2015年から5つの自治体までなら確定申告が不要になり、簡単に利用できるようになりました。

ふるさと納税は本当にお得な制度なので、まだ使ったことがない人はぜひ検討してみましょう!

まとめ

  • 住民税もクレジットカードで支払える自治体が増えてきた
  • Yahoo公金支払いを利用するケースが多い
  • 決済手数料に注意しよう
  • ふるさと納税を利用するのも生活費の削減につながってお得!

以上です。節約できそうだな、と感じたら住民税の支払にクレジットカードを利用してみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク
スポンサードリンク
家計の見直し、本格的に始めてみませんか?

家計見直し少しずつ景気が良くなった来たと言われているけれど、給与はなかなか上がらないし、生活は楽にならない…

今はいいけど、将来的にこのままでやっていけるのかな?

贅沢したい訳じゃないけど、何かあった時の為にもうちょっと余裕がほしい!

家計の見直しって、具体的にどうすればいいの?

家計の具体的な見直し方をチェック

 

コメントを残す

関連記事

睡眠質高める

寡婦控除とはどんな控除?制度や要件、申請方法を解説するよ

年内に退職する人、確定申告で税金の還付申請してますか?

国民年金保険前納制度申込

節約の為に家計簿はやはり重要!貯金を増やす家計簿を始めよう

イオンバースデーパスポート

イオンカード会員特典の「バースデーパスポート」お得すぎでは・・・

先延ばしやめる

小規模企業共済って何?経費にできるの?【個人事業主向け】

障害者控除の申請ってどうするの?年末調整?確定申告が必要?