雑損控除になる損失は何?どういう損失が対象になるの?

雑損控除対象サラリーマンの節税の方法として以前、雑損控除について紹介しました。(雑損控除の詳細についてはこちらの記事で!)

雑損控除については知っているけど、対象になる損失がどういう物かよくわからない、という声も聞きますので、ここでは雑損控除の対象になる物を一つずつ掘り下げて見ていきたいと思います。


雑損控除の対象になる損失

雑損控除対象雑損控除の対象になるものは、大きく分けて5つの分類があり、

・自然災害(地震、台風、洪水、など)
・人的災害(放火にあった等)
・害虫災害(害虫や害獣などの被害)
・盗難(空き巣や強盗など)
・横領

が雑損控除に当たります。それでは、対象になるものを掘り下げて見ていきましょう。

 

自然災害(地震、台風、洪水、など)

雑損控除対象自然災害は「震災、風水害、冷害、雪害、落雷など自然現象の異変による災害」が対象になります。

この災害の特殊なケースとして、自然災害に起因する風評被害、という物が雑損控除の対象になることもあるようです。

例えば、2011年の東日本大震災ですね。原発事故による放射能の風評被害を受け、農業事業者が損害を被ったとして、雑損控除の対象となったケースもあるようです。

 

人的災害(放火にあった等)

雑損控除対象税法上の規定は「火災、火薬類の爆発など人為による異常な災害」となります。

火災だけでなく、予期できない被害も対象となります。

極端な例ですが、近くを飛んでいたヘリコプターが家に墜落して、大きく壊れてしまった場合なども、この人的災害に含まれます。

人の手により自分の資産が被害を被った、というのがポイントになります。

 

害虫災害(害虫や害獣などの被害)

雑損控除対象害虫災害、例えばシロアリによって家の基礎部分が損害を受けた場合などですね。害虫の駆除や家の修繕費用などは雑損控除の対象になります。

害虫災害を予防するための出費も雑損控除の対象になりそうな気がしますが、これは対象にはなりません。(雑損控除は損失が発生した原因に対する出費の控除である為)

これは害虫災害でなく他の災害でも同じなので、注意しましょう。

 

盗難(空き巣や強盗など)

雑損控除対象盗難には色々ありますので、一概に全部OKとは言えません。

雑損控除の対象になる前提として「生活に不可欠と考えられる資産」という条件があります。

例えば車が盗まれた場合ですが、

・田舎に住んでいて、通勤に車を使わなければ生活が成り立たない
・通勤は徒歩圏内で、車は週末に遠出する時に使う程度

一つ目の場合は雑損控除の対象になりますが、二つ目の例の場合は、生活に不可欠とは言えませんので雑損控除の対象にするのは難しいでしょう。

 

詐欺や恐喝は対象外

盗難と似たように感じられる詐欺や恐喝による被害は、雑損控除の対象外となります。対象外となるポイントは「自己意思の有無」となります。

詐欺は相手から話を持ちかけられ、その話の信頼性や妥当性を判断し損ねた為に起こる損失です。詐欺でお金を払う時には、自分の意思で支払っている訳なので、雑損控除の対象にはなりません。

恐喝は不可抗力なように感じますが、その場から逃げ出す・警察に対応してもらう、などの対抗手段が取れます。(状況によっては難しい場合もあるかもしれませんが)

その為、恐喝は雑損控除の対象にならないという訳ですね。

 

横領

横領については特殊なケースが多いので、一般論としてお話するのは難しいです。

というのは横領というのは税法上に明確な定義がありません。証明も難しいですしね。

もし横領の被害にあってしまったら、税務署または税理士に相談をするのが一番良いと思います。

 

自分で判断せず、税務署や税理士に相談するのがベスト

雑損控除対象ここまで雑損控除の対象になる出費をお伝えしましたが、雑損控除については判断が難しく、意識していなかった物でも雑損控除の対象となったりもします。

雑損控除の対象と思えるような出費があった場合は、税務のプロである税理士や税務署で相談をしてみる事をオススメしますよ!

とはいえ雑損控除の対象になる被害は、そうそう起きるものではないので、「大きな出費があった時は雑損控除で節税できるかもしれない」という事だけ頭の片隅で覚えておきましょう。

 

 参考リンク:国税庁webサイト

スポンサードリンク

合わせて見られている記事