新米ママは要チェック!出産手当金の申請方法と気をつけるべきポイントは

出産手当金申請方法産前産後に欠勤した際に、給与の代わりとして給付して貰える出産手当金。(出産手当金についてはこちらの記事で詳しく紹介しています)

この記事では出産手当金の具体的な申請の流れについて紹介したいと思います。

健保の申請先などによってこの通りにやればOK!とは一概には言えませんが、前もって流れを確認して出産に備えておきましょう。


出産手当金、申請の流れ

出産手当金それでは申請方法を順に見ていきましょう。

 

1:出産手当金が貰えるか確認する。

まずは出産手当金が貰えるか確認しましょう。会社の総務課や担当者に聞けばOKです。

協会健保などの健康保険に加入している人は出産手当金がもらえますが、自営業者などが入る国民健康保険は出産手当金がもらえません。

 

2:産休前に書類を準備しておく

産休前に勤務先に話して、書類をもらっておきましょう。「健康保険出産手当金支給申請書」と言うものです。(医師の証明が必要な為)

会社によっては総務や担当者の人間が、出産手当金制度についてよくわかっていないケースがあるようです。もしおかしな事を言われたら、直接申請先に確認しましょう。確認先は保険証に書いてある「保険者名称」の団体になります。

 

3:2でもらった申請書に医師の証明を貰う

入院の際に必要事項を書いた申請書に、医師の証明を書いてもらいましょう。

 

4:勤務先に書類を提出し、必要事項を記載・証明してもらう

産休後に書類を勤務先に提出し、必要事項を記載してもらいます。(産前産後中の勤怠や会社証明)

 

5:4が済んだら書類を提出

勤務先の証明が済んだら、書類の記載事項に漏れがないか確認しましょう。

問題なければ勤務先の総務や担当者、または所属する協会けんぽ窓口に提出すれば申請完了です。

 

出産手当金の具体的な流れは以上になります。

 

わからない事は勤務先、または所属の保険者に確認しよう

出産手当金申請方法出産手当金の申請方法は勤務先が所属する保険者によって違う可能性があります。

なので、産前産後休暇の相談をする際に、出産手当金についても合わせて相談しましょう。総務課や担当の人間が何をすべきか教えてくれるはずです。

もし勤務先の健康保険担当者の知識が怪しい場合は、そのまま放っておくのではなく、健康保険証に記されている「保険者名称」に書かれている団体に電話して確認してみましょう。

放っておいて出産手当金がもらえるはずだったのに貰えなかったら損ですからね。

産後はどうしてもバタバタするので、産前にしっかりチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

合わせて見られている記事

コメントを残す