出産手当金を貰える条件とは?退職後でももらえるの?

出産手当金出産に関わる給付金として、出産手当金という物がありますね。

出産前後はどうしても欠勤してしまう事が多いので、働くママさんを応援する為に、欠勤した分の給与の代わりになる手当金を給付する、という制度です。

給与の代わりなので退職後は貰えないの?と思いますが、実は退職後も貰えるケースがあります。

この記事では出産手当金の貰える条件や気をつけるべきポイントなどを紹介します。制度を上手に利用して、安心して子育てできる環境を整えましょうね。


出産手当金を貰える条件とは?

出産手当金退職後条件出産手当金は、欠勤した分の給与の代わりになる手当金を給付する、という物ですから、会社から給与が支払われている場合は出産手当金をもらう事はできません。

欠勤して給与が貰えない場合に給付されるのが出産手当金です。

この原則を覚えておきましょう。

 

出産手当金はどう計算するの?1日あたりいくら貰える?

出産手当金退職後条件出産手当金給付額=標準報酬日額×3分の2

この計算式で計算された金額が、給付額となります。

 

標準報酬日額とは

標準報酬日額とは、標準報酬月額を30で割ったものです。

標準報酬月額とは、労働の対価としてどの程度お金をもらっているかを計算した物です。(この報酬は給与の他に各種手当や通勤費を含みます)

協会健保のページにわかりやすい早見表があったので参考にしてみてください。支給日額もわかります。

 関連リンク:協会健保日額早見表

 

出産手当金がもらえる期間は?

出産手当金は下記の期間もらう事ができます。

出産日(出産が予定日より後になった場合は、出産予定日)以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日の翌日以降56日までの範囲内

この範囲内で、会社を休み給与の支払いがなかった期間を対象として支払われる事になります。

 

出産日が予定日より遅くなった場合、予定日~出産日の日数分がプラス

出産手当金退職後条件

 

出産日が予定日より早くなった場合、計算期間が出産日基準にズレる

出産手当金計算期間

ちょっとわかりにくいですが、計算期間が出産日を基準にそのままスライドする形になります。

産前42日が手前にズレる形になるので注意が必要です。

画像引用:http://出産手当金退職.net

 

出産手当金は会社を退職しても貰えるの?

出産手当金退職後条件退職後の出産手当金ですが、ある条件を満たすともらう事ができます!

資格喪失後の継続給付と言いますが、退職後も出産手当金をもらう条件は2つです。

1:退職日までに継続して1年以上の被保険者期間(健康保険任意継続の被保険者期間を除く)があること。

2:資格喪失時に出産手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること。

 

協会けんぽのサイトにわかりやすい例があったのでシェアしたいと思います。
出産手当金退職後条件

出産手当金退職後条件

出典:http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/oita/cat080/25072501/25073001

 

退職後も出産手当金を貰うためには、出産手当金の計算期間に1日以上欠勤がある事がポイント。会社の上司や総務課に相談して調整してもらいましょう。

 

出産手当金は申請後どのくらい経ったら貰える?

出産手当金出産手当金が貰えるのは申請から入金まではかなり時間がかかります。

具体的には産休後に勤務先で申請書の必要事項を記入してもらい提出します。

その後、2週間~2ヶ月後(申請先によって期間が異なる)に出産手当金が口座に振り込まれるので、かなり時間がかかりますので、産休中は出産手当金は使えないものとして考えておくのが良いですね。

 

以上で出産手当金については大体ご理解頂けたのではないかな~、と思います。具体的な申請方法は、別記事にて紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

新米ママは要チェック!出産手当金の申請方法と気をつけるべきポイントは
産前産後に欠勤した際に、給与の代わりとして給付して貰える出産手当金。この記事では出産手当金の具体的な申請の流れについて紹介したいと思います。健保の申請先などによってこの通りにやればOK!とは一概には言えませんが、前もって……
スポンサードリンク

合わせて見られている記事

コメントを残す