家計簿が面倒な人に!生活費を封筒で分ける簡単袋分け家計簿を始めよう

袋分け家計簿節約家計を管理するには、家計簿をつけてしっかり管理するのが当たり前!というような意見もありますが、家計簿は面倒で続かないんだよなあ・・・という人も多いと思います。

ここではそんな人の為に、生活費を封筒で分ける家計管理方法を紹介したいと思います。

「封筒貯金」や「袋分け貯金」なんて呼び方をする事もあるそうですが、簡単で楽な方法なので、家計簿が苦手な人は是非取り入れてみてくださいね。




生活費を封筒で分けて管理する「袋分け家計簿」とは?

袋分け家計簿節約「袋分け家計簿」とは簡単な話で、月のはじめに用途に応じて袋にお金を分けておく事です。例えば、「食費」と書いた封筒に4万円、「交際費」と書いた封筒に1万円、といった具合ですね。

家計簿の項目ごとに袋を作って、その中にお金を入れる感じですね。

袋に入れた金額をオーバーしないように使うことで、レシートを家計簿に移すという面倒な作業をしなくても管理できる、という訳です。

 

お金を管理する袋は何でもいいです。100均で買ってもいいですし、銀行に行った時にもらえる封筒を使ってももちろんOKです。

 

最近では「袋分け家計簿セット」なる物も売られたりしているので、わかりやすい物が欲しい人は買っちゃってもいいかもですね。

 かんたん!袋分け家計簿セット

 

1ヶ月だけ家計簿を頑張ってみよう!

袋分け家計簿節約家計簿が面倒な人に!と言ってるのに1ヶ月家計簿やれとかなんやねん!とお叱りの言葉を頂くかもしれませんが、貯金を増やすために家計簿を1ヶ月だけ頑張ってつける事をオススメします。

というのは、一度だけでも家計簿をつけないと、袋にいくらお金を入れるべきかがはっきりしないのです。

食費4万円に設定してるけど、本当に合ってるのかな・・・?外食費を2万円に設定してるけど、これは多いんじゃないかな・・・?とか。

こういった事をはっきりさせる為に家計簿をつけますので、1ヶ月だけは家計簿を頑張ってみましょう。改善点が見えてきますからね。

 

レシートは捨てるのではなく、各袋に入れておこう

袋分け家計簿節約買い物の度にもらうレシートですが、家計簿つけてないから、レシートはいらないや、ポイー!とやってはいけません。

なかなか上手くいかないもので、なんとか予算内に収めようと思っても、月末を迎えると袋の中がスッカラカンで予算オーバーしている、というケースもあります。

その時は、一ヶ月何に使ったかレシートを見なおしましょう。無駄な出費が無かったか確かめて、翌月以降の無駄な出費を減らして節約につなげましょう。

 

袋分けして余ったお金はしっかり貯金に回そう

袋分け家計簿節約袋分けして余ったお金はしっかり貯金に回しましょう。

翌月に繰り越してしまうと、一ヶ月に使えるお金が増えてしまいます。これが意外と曲者なんです。

人は贅沢な生活を覚えると生活レベルを落とせない、とよく言いますよね。

使える金額が増えてしまうと余裕ができるので、どうしても無駄な出費が増えてしまいがちです。そうすると、無駄な出費に身体が慣れてしまうので、翌月以降も「まあいいか」と考えてしまい、無駄な出費をしてしまうのが人間の性。

なので、余った金額は翌月に繰り越さず、しっかり貯金に回すようにするのが、貯金を増やすためのコツです。

スポンサードリンク

合わせて見られている記事

コメントを残す