節約の為には家計簿はやはり重要!貯金を増やす家計簿を始めよう

家計簿節約家計管理の基本とも言える家計簿ですが、やった方がいいとわかっていても面倒ですぐにつけなくなってしまう、という人はけっこう多いんじゃないでしょうか。

いざ家計簿をつけても、支出をどう管理すれば良いのかわからない、どう改善していけばいいかわからない、という人もいます。

ここでは家計簿のつけ方から、活用する方法を紹介していきます。家計簿は家計をチェックするのに必須とも言えるツールです。

家計簿をつけていない人はこれを機会に是非はじめてみましょう!


家計簿を使うと無駄な出費に気づく。

家計簿節約家計簿がなぜ節約につながるのかと言うと、家計の収支が一目でわかるようになるからですね。

家計簿をつけず、家計収支が曖昧なまま日々を過ごしてしまうと、なんとなーく使ってしまう無駄な出費が増えて、全然お金が貯まらないというケースも多いのです。

家計簿をつけることで無駄な出費を確認でき、気付きが得られる事も多々あるので、家計簿をつけていない人はぜひ始めてみましょう。

 

家計簿のつけ方1:まず固定費を明確にしよう

家計簿節約まずは家計簿の固定費を明確にしましょう。固定費というのは毎月必要になるお金の事ですね。具体的には、

・家賃(マンション・アパートの賃料・管理費、住宅ローンなど)
・通信費(ネット代、電話代など)
・水道光熱費(水道、ガス、電気代)
・教育費(保育園や幼稚園などにかかる費用)
・保険料(生命保険や学資保険)

などが固定費になります。まずは、何もしなくても毎月これだけ出ていく、と把握すればOKです。

 

家計簿のつけ方2:予算(食費などにいくら使うか)を決定しよう。

家計簿節約1で固定費を明確にしました。毎月の収入から1の固定費を差し引いたのが、食費などに使えるお金です。

食費なども全て差し引いて残ったお金が貯金になる、というわけですね。例えば、

・食費40,000円
・日用品5,000円
・美容費10,000円
・交通費5,000円
・医療費5,000円
・娯楽費10,000円

かなりざっくりですが、こういった感じですね。

ここでポイントになる考え方ですが、「食費などの出費をいくらにするか」、で考えるのではなく、「いくら貯金をしたいか」、で考えるのが重要です。

残ったお金を貯金に回す、という考え方だと来月ちょっと節約すればいいか、というような発想でつい無駄使いしてしいます。そうなると、家計簿をつけても結局貯金が増えないという事になってしまうので、「毎月いくら貯金したいか」を先に考えましょう。

 

いくら貯金するかを決めたら、その金額は給料が入った段階で先取り貯蓄をしておきましょう!先取り貯蓄は簡単ですが、貯金を増やすのに非常に有効な手段です。先取り貯蓄してない人は是非はじめましょう。

【先取り貯蓄】節約するよりも効果的な、貯金を増やすコツとは?
貯金を増やす為には節約が大切!と思い、日々節約をしている人は多いと思います。ところが、なかなか貯金が貯まらないな~、給料のほとんどを使ってしまうな~、という人も少なからず世の中にはいるんですね。そういった人の為に、ここで……

 

家計簿のつけ方3:一ヶ月の支出を明確にする

家計簿節約2で予算が決まったら1ヶ月の間に使ったお金を明確にします。そう、レシートや領収書を家計簿にまとめる作業です。

これが面倒で家計簿をやりたくない!という人は多いですよね。面倒なのはわかりますが、慣れてしまえば5~10分もあれば終わりますので、一度頑張ってみましょう。

レシートを見ながら、3で決めた用途別に分けて実際の出費を家計簿に書いていきます。

これを1ヶ月続けて、どこで無駄使いがあったかを判断し、改善していくのが家計簿の役割です。

家計簿がないと改善できるポイントがわかりにくいので、まずは期間限定のお試しでもよいので、家計簿をはじめてみましょう!

 

パソコン、スマホで家計簿アプリを使ってみよう

家計簿節約家計簿といえば手書きのノートに細かく書き込む、というイメージですが、最近ではパソコンやスマホで使える家計簿アプリも多く出ています。

個人的なオススメは、「マネーフォワード」という家計簿アプリです。無料で使えますし、レシートを画像撮影すればスキャンして自動で入力してくれるような機能もあります。

ただ、かなり多機能なので最初は戸惑うかもしれません。が、慣れてしまえば非常に便利なアプリなので、アプリで家計簿管理をするならマネーフォワードがオススメです。

 

固定費の見直しも視野に入れよう

家計簿節約固定費は毎月の決まった出費なので、目が向きにくいのですが、固定費の見直しも貯金を増やすのに大きなポイントです。

固定費が下がれば、下がった金額分、毎月余裕ができるので、節約という点では効果が非常に大きいです。

特に携帯代は格安SIMフリーなどが出てきて、かなりの節約につながるケースがあります。

(私も携帯代の見直しで毎月7,000円払っていた携帯代が、3,000円くらいに下がりました!)

 

無駄に高い固定費を払っていないかチェックすることも家計簿の役割の一つ。固定費が高いと思ったら固定費削減も視野に入れましょう。

 

まずは面倒でも一ヶ月頑張ってみよう

家計簿は確かにレシートの内容をちまちま書き写したり面倒に感じるかもしれません。

しかし家計簿をつけることで無駄な出費や改善点などが見えてきます。

家計簿をつけたことがない人は、まず一ヶ月頑張ってみましょう。1ヶ月のデータがまとまった後に家計簿を見ると色々な気付きがあって面白いですよ。

「うわっ、私の外食費多すぎ・・・!?」

なんて事になるかもしれません。まずは面倒でも一ヶ月頑張って家計簿をつけてみる事をオススメしますよ!

スポンサードリンク

合わせて見られている記事

コメントを残す