ふるさと納税で節約!実質2,000円でいろんな特産品をもらっちゃおう

ふるさと納税節約最近よく耳にする「ふるさと納税」という制度、ご存知ですか?

ふるさと納税でお肉とかお米とか貰えるらしいけど、なんか難しそう・・・

というイメージで利用してない人も多いのではないでしょうか。

確かに「ふるさと納税」を利用すると、自分で確定申告をしなければならないので、面倒くさいのでいいや!と感じますが、ふるさと納税だけなら簡単ですし、2015年から確定申告をしなくてもよくなりました。

「ふるさと納税」の制度は本当にお得な制度なので、ぜひ一度利用してみましょう。




ふるさと納税ってどういう制度?

ふるさと納税節約ふるさと納税とは、

今は違う所に住んでいても、自分が育った「ふるさと」に納税できる制度があっても良いのでは?

という理念からスタートした納税制度。

自分が生まれ育ったふるさとに税金を収めることで、地元を応援したい!という考えからスタートした制度なんですね。

 

ふるさと納税は、実は税金ではなく寄附

ふるさと納税には「納税」という言葉が入っていますが、実際には各都道府県・市区町村への寄附、という形になります。

寄附ではあるのですが、ふるさと納税で納めた分は所得税及び住民税から控除できるんですね。

※ふるさと納税は自己負担額というものがあり、自己負担分2,000円は控除できないので、注意が必要です。

 

控除とは?

2015年度のあなたの納税額は30万円でした。

ふるさと納税で納めた金額は32,000円でした。

なので、すでに32,000円納めているので、30万円から3万円ひいときますねー。(自己負担額が2,000円ある為)

というのが控除ですね。(ふるさと納税をしたら必ずこうなる、という意味ではありません。控除というものをわかりやすく説明する為に簡略化しています)

要はふるさと納税というのは税金の先払いで、確定申告や年末調整の精算時に差し引きできる、と考えておけばOKです。

 

ふるさと納税を使ったらどのように節約できるの?

ふるさと納税節約ふるさと納税は先ほどの控除の例を見てもらえばわかるように、いわば税金の先払いなので、最終的な合計の支払額は変わりません。

じゃあなんで節約になるの?という所を説明しますね。

 

ふるさと納税は、自分で自治体を選んで寄附をする制度です。

ふるさと納税で寄附された金額は、各自治体の収入になるわけですね。その為、各自治体はふるさと納税をしてもらう為に、一定額寄附した人に地域の特産品をお礼として送っているわけです。(最近では地域で使える金券や、色々なポイントがもらえるというケースも!)

 

つまりふるさと納税で税金を先払いするだけで、お肉やお米といった地方の特産品がもらえちゃうわけです。そう考えると、けっこう凄くないですか?

しかも地方の特産品なので、もらえる食料品が美味しい訳です!私もふるさと納税で神戸牛をもらったんですが、すき焼きにしたら美味しくて(*´∀`*)

税金を先払いしただけでこんな美味しい思いをできちゃうのが、ふるさと納税の特徴です。

 

ちょっと仕組みが難しく思えるふるさと納税ですが、本当にオススメの節約方法なので、ぜひ勉強してふるさと納税にチャレンジしてみましょう!

スポンサードリンク

合わせて見られている記事

コメントを残す