臨時福祉給付金の「カクニンジャ!」ってCM見かけるけど、あれって何のこと?

臨時福祉給付金臨時福祉給付金15,000円!今すぐカクニンジャ!というようなCMを見かけた事がある人も多いのではないでしょうか?

臨時福祉給付金というのは所得が少ない人に一時的に給付される一時金の事なのですが、具体的にどういう物?誰でももらえるの?と疑問に思う方も多いと思います。

ここでは、今回の臨時福祉給付金について簡単に説明してみたいと思います。




今回の臨時福祉給付金は消費税引き上げの為

臨時福祉給付金平成26年の4月に消費税が5%から8%に引き上げられました。増税から3年が経ちましたので、もうすっかり消費税8%に慣れたと思いますが、その分出費も増えてしまいました。

消費税の増税は家計にダイレクトに響くので、給料もそんなに上がらないのに消費税増税は厳しい!と感じている人も多いのではないでしょうか。

今回の臨時福祉給付金は、この消費税の引き上げによって、「所得が少なくて家計が厳しいよ…ツライよ…」という人への影響を少しでも緩和する為に作られた、という訳なんですね。

 

今回の臨時福祉給付金はどんな人がもらえるの?

臨時福祉給付金今回の臨時福祉給付金がもらえるのは下記の条件にあてはまる人です。

・平成28年度の住民税が課税されていない人
(扶養に入っている人、生活保護を受けている人を除く)

なので、普通に働いている人は残念ながら関係ありません!

病気なんかで長期間仕事ができずに所得が少なかった、というような人が対象になっているケースが多いんじゃないでしょうか。

対象になっている人は住んでいる自治体から案内が届きますので、その案内をチェックしましょう。

 

申請方法はどうすればいい?お金の受け取り方は?

臨時福祉給付金申請方法は簡単で、自治体から送られてくる案内に申請書が入っています。

見本が入っているので、見本を見ながら申請書に必要事項を記載して、本人確認書類などを添付して申請書を送付すればOKです。

自治体からの案内が届かない!という人は、自治体に問い合わせしてみましょう!

 

給付金の受取り方

給付金の受け取りは、自分の指定する金融機関の口座に入金という形になります。

申請から給付まで2ヶ月くらいかかるようなので気長に待ちましょう。

給付金がもらえるのは1回のみです。

 

給付金詐欺に注意!不審な電話に気をつけよう

以前からある給付金詐欺ですが、今回の臨時福祉給付金でATMに行くよう支持されたり、手数料を払ってくれ、というような事は絶対にありません。

このCMが流れてから、もしかしたら自治体や厚生労働省の職員を騙った不審な電話やメールが増えてくるかもしれませんが、給付金詐欺にひっかからないように気をつけましょう!

 

 参考サイト:確認じゃ!臨時福祉給付金(厚生労働省)

スポンサードリンク

合わせて見られている記事