超簡単!めんどくさがりな人でも続く家計簿術とは

めんどくさがりでも続く家計簿術少しでもゆとりのある生活をする為に、家計簿管理を始めよう!と意気込んでみたものの、面倒になってついつい後回しに…結局、家計簿をつけなくて三日坊主になってしまう。そんな経験はありませんか?

日頃の仕事や家事に加えて、毎日しっかり家計簿をつけるとなるとなかなか大変です。

2~3日続いても。「これ毎日続けるの?面倒くさくない?」と感じる人は多いと思います。

そんな人の為に、ここでは手抜きをしつつ、面倒くさがりな人でも続く家計簿術、というのを紹介してみたいと思います。




そもそもなぜ家計簿をつけるの?つける意味は?

めんどくさがりでも続く家計簿術家計簿をつけるのが面倒になって続かない、というのは几帳面だったり完璧主義な人に多いです。

日々の出費を丁寧にきっちりつけるとなると、これが結構な負担になってしまい、1日くらいは良くても、翌日には家計簿をつけるのが面倒になってしまいます。

実は家計簿はある程度のざっくりした計算でも問題ありません。家計簿をつける意味を意識しましょう。

※家計簿についての考え方やポイントや別記事で詳しく紹介しています。

節約の為には家計簿はやはり重要!貯金を増やす家計簿を始めよう

家計管理の基本とも言える家計簿ですが、やった方がいいとわかっていても面倒ですぐにつけなくなってしまう、という人はけっこう多いんじゃないでしょうか。いざ家計簿をつけても、支出をどう管理すれば良いのかわからない、どう改善していけばいいかわからない、と...

 

家計簿をつけると、どこで無駄使いしているかはっきりする

家計簿をつける意味は、家計の収支をはっきりさせる為ではなく、どこで無駄使いをしているか、どの項目で節約ができそうかを見つける事が大切です。

友人と遊んだりする交際費が多くないか、とか、食費が無駄にかかりすぎていないか、などですね。大事なのは、どこで無駄使いをしているか、という傾向を把握する事です。

つまり、1円単位できっちり電卓を叩いて計算!という事をやらなくても、家計簿は役目を果たしてくれる、と言えます。

きっちり計算するのではなく、手間を省いて最低限の処理だけ行う事を意識してみましょう。

 

家計簿の計算は100円未満は気にしない!

それでは家計簿をつける上で、手間を省く具体的な方法を紹介していきましょう。

まずは100円未満は気にせず誤差として考える、というのがポイントです。

家計簿の目的は、どこで出費がかさんでいるか、節約すべきポイントはどこか、というのが掴めればOK。

収支をきっちり合わせるのが目的ではないので、ざっくりと傾向だけ掴めればOK、と気楽に考えましょう。

 

家計簿の項目を分けすぎない

めんどくさがりでも続く家計簿術市販の家計簿の中には細かく項目が分けられている物も多いのですが、細かく分けすぎると管理する手間が増えてしまうので、面倒になって続かない原因になってしまいます。

家計簿の項目の目安としては10種類程度でOKです!

ただ項目が少なすぎると一緒くたになってしまって、改善点が見えにくくなってしまうので、10種類程度の分類がオススメです。

※家計簿の項目の決め方は別記事で紹介しています。

家計簿の項目の分け方はシンプルに!完璧じゃなくても問題ない

家計簿は貯金を増やす為に有効な手段なのですが、「項目の分け方がよくわからない」「やり方が正しいのかわからない」という意見をよく聞きます。ここでは家計簿を続けるための項目の分け方を紹介します。これが必ず良い!と言う訳ではないですが、項目の分け方に悩...

 

月末に自動的に計算できる袋分け家計簿もオススメ!

めんどくさがりでも続く家計簿術最近ひそかなブームになっているのが袋分け家計簿による管理方法です。

袋分け家計簿は、家計簿の項目ごとに袋にわけて、月の始めにその月に使えるお金を入れておきます。(例えば「食費」と書いた袋に4万円)

お金を使う時はその袋から出して、レシートを袋の中に入れておきましょう。

月末になってお金が5,000円残っていれば、差額の35,000円が今月の食費という事になります。(出費の細かい内容を把握したい時はレシートをチェックすればOK!)

最初にそれぞれの袋に分けておく事で自動的に計算されるので、日々の計算が面倒な人にオススメの方法です。

※袋分け家計簿の詳しいやり方は別記事で!

家計簿が面倒な人に!生活費を封筒で分ける簡単袋分け家計簿を始めよう

家計を管理するには、家計簿をつけてしっかり管理するのが当たり前!というような意見もありますが、家計簿は面倒で続かないんだよなあ・・・という人も多いと思います。ここではそんな人の為に、生活費を封筒で分ける家計管理方法を紹介したいと思います。「封筒貯...

 

スマホのアプリを利用するのもアリ

最近ではスマホやパソコンで家計簿のアプリが多く出ています。中でも「マネーフォワード」は有名で、レシート読み込み機能や金融機関連携機能もあり、非常に高機能なアプリです。

ここでは直感で簡単に使える簡単な家計簿アプリと、定番のマネーフォワードを紹介したいと思います。

らくな家計簿 Lite

めんどくさがりでも続く家計簿術

見やすいUIで直感的に使いやすく便利な家計簿アプリ。

基本的に無料なので、たまに広告が表示されますが、広告枠は多くないのでストレスは感じないと思います。

高機能だと出来る事が多すぎて使い方がわかりにくい!シンプルな方が好き!という人にオススメですね。

 らくな家計簿 Lite iOS

 らくな家計簿 Lite Android

 

マネーフォワード

スマホとパソコンからアプリを利用する事が可能なマネーフォワード。レシートを読み込んで自動で家計簿に反映してくれたり、銀行口座やクレジットカードの利用明細とも連携させる事ができて、面倒な家計の計算を助けてくれます。。

現金をできるだけ使わず、クレジットカードや電子マネーなどで支払えば自動的に家計簿に反映されてとても便利。

家計簿機能の他に、株式やFXなどの資産を管理する機能もついており、非常に高機能。

使いこなすことができれば非常に便利なアプリですが、ちょっと取っ付きにくいかもしれません。

将来的に家計全体をしっかり管理したい、という人には非常にオススメのアプリですね。

 マネーフォワード iOS

 マネーフォワード Android

 

まずは家計簿を1ヶ月続けてみよう

他の記事でも紹介をしていますが、まずはここまでに紹介した方法を使って1ヶ月家計簿を続けてみましょう。

家計簿は1ヶ月続けないと改善点をチェックする事ができないので、家計簿をつける意味がなくなってしまいます。

1ヶ月継続できればかなり習慣化して、面倒な家計簿も苦にならなくなります。

なので、まずは手間の少ない簡単な家計管理で良いので、とにかく続けられる方法でスタートするのがポイントです。

まずはハードルを低くして、簡単な続けられる方法で家計簿管理を始めてみましょう!

 

超簡単!めんどくさがりな人でも続く家計簿術とは まとめ

スポンサードリンク

合わせて見られている記事